ガジェット&小物

ついに最強のマイクアームが登場!?【elgato WAVE MIC ARM サスペンションブームアーム・WAVE MIC ARM LP 薄型デザインマイクアームの情報を確認】

2021/9/1

「マイクアーム」

近年、多くのユーザーが導入しているガジェット「マイク(コンデンサーマイク)」
その「マイク」をデスクに対してスマートに設置することができるプロダクトが「マイクアーム」だ。

非常に多くのメーカーが参入して、多くのプロダクトが販売されている。
だが、どのメーカーの製品も特色が無く、どれも似たようなプロダクトばかりだ。

そんな中、elgatoが待望の新商品として新型マイクアームを2種類発表した。

「WAVE MIC ARM  LP 薄型デザインマイクアーム」
メーカーサイトはこちら

「EAVE MIC ARM  サスペンションブームアーム」
メーカーサイトはこちら

両機ともに、今までに存在しない非常に素晴らしいプロダクトだ。

今回は elgatoの新型マイク
「WAVE MIC ARM  LP 薄型デザインマイクアーム」と
「EAVE MIC ARM  サスペンションブームアーム」について情報を確認していこう。

スペック・外観

スペック

  WAVE MIC ARM
薄型デザインマイクアーム
EAVE MIC ARM
サスペンションブームアーム
メーカー elgato elgato
取り付け クランプ式 クランプ式
形式 薄型マイクアーム サスペンションブームアーム
寸法 詳細寸法不明 780 x 750 x 150
ギミック ・ボールヘッド
・サスペンション
・360°回転ヘッド
・ケーブルレール
・ボールヘッド
・サスペンション
・高さ調整ロッド
・360°回転ヘッド
・ケーブルレール

「WAVE MIC ARM LP 薄型デザインマイクアーム」の注目ポイント

非常に薄型のマイクアーム


上記の写真を見てわかるように。
今までのプロダクトと違った、薄型形状が採用されているマイクアームだ。

デスクセットアップを行なっている多くのユーザーは、モニター自体を別売りのモニターアームで宙に浮かせているパターンが多い。

そうなると結果的にモニターの位置が高くなるため、モニター下に広い空間ができるようになる。

その空間に対してこちらのプロダクト「WAVE MIC ARM  LP 薄型デザインマイクアーム」が真価を発揮する。
横移動に特化した形状のため取り出しがしやすく、収納もしやすい。
横に細いスペースをうまく活用できるため、デスク周りがスッキリしやすいのだ。

この形状のマイクアーム。
かなり待ち望んでいた方が多いのではないだろうか?

多少のサスペンション機能も搭載


横移動だけでなく、先端側のアームは垂直方向へのアプローチも可能になっている。
これでマイクを口元に持っていくことが可能になる。

薄型といえど、位置調整機能は十分にカバーされている。

ケーブルレールが搭載


デスク周りを美しく見せるギミックもしっかり搭載されている。

ケーブルレールはしっかりと搭載されており、アーム内にしまっておくことが可能だ。
カバーは磁気式のカバーが採用されているため、取り外しなども簡単におこうなうことができるようになっている。

ユーザビリティに溢れた、とても嬉しい仕様だ。

「EAVE MIC ARM サスペンションブームアーム」の注目ポイント

最も背の高いマイクアーム


このマイクアームが、素晴らしいポイントはここだろう。

なんと台座とサスペンションマイクアームの間に、高さを追加できるスタンド(ロット)が付いている

デスク周りを整理されているユーザーは多くの場合、モニターアームを導入しているためモニター自体の高さが高くなりがちだ。
その結果、今まで市販で販売されているマイクアームでは高さが足りずに、設置に悩んだ方も少なくないだろう。

「EAVE MIC ARM サスペンションブームアーム」なら、その心配はない。

付属品のスタンドが高さを150mm追加しているため、かなり背の高いマイクアームになる。

これは多くの方が待ち望んだプロダクトではないだろうか?

ケーブルレールが搭載


もちろんこちらのマイクアームもケーブルレールが搭載されている。

先ほど紹介させていただいた、薄型形状のマイクアームにも搭載されていた同様の磁気式カバーだ。

取り外しなども簡単におこうなうことができる設計で非常に嬉しいポイントだ。

【結論】どちらも非常に素晴らしいマイクアーム

どちらも、非常の特色のある素晴らしいマイクアームだ。

自身のデスク環境に合わせて、この2種類のマイクアームを選別することで、より素晴らしいデスク環境を構築することができるだろう。

あなたのデスク環境にも是非、導入してみて欲しい。

両機の詳細は以下のページにリンクを貼らせていただいた。
こちらも是非、確認してみよう。

「WAVE MIC ARM  LP 薄型デザインマイクアーム」
メーカーサイトはこちら

「EAVE MIC ARM  サスペンションブームアーム」
メーカーサイトはこちら

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です