ガジェット

Qrio Lock でスマートフォンを鍵に!【半年使用レビュー】

こんにちは、いけっちです。
今日はQrioから販売されているスマートキー「Qrio Lock(Q-SL2)」のレビューをお届けします。

Qrio Lockについて

Qrio Lockは玄関扉に取り付ける電子制御の鍵のことだ。
Qrio Lockを取り付けることで自分のスマートフォンに、鍵の機能を持たせることができるようになる。
つまりスマートフォンを使って玄関の鍵を開けられるようになるということだ。
正直この説明だけでは不十分なのでこれから詳しく説明をしよう。

基本スペック(抜粋)

サイズ(W x H x D) 57 × 115.5 × 77mm
重量 240g(電池含む)
電源 CR123Aリチウム電池x2 or x4
素材 PC樹脂等
通信 Bluetooth 標準規格Ver4.2(LE)
出力 Bluetooth 標準規格Power Class2
周波数帯域 2.4 GHz帯 (2.4000 GHz〜2.4835 GHz)
取り付け方法 両面テープ
価格 20,000円

外観

左=正面  中=斜め  右=側面

Qrio Lockのここがすごい

スマートフォンが家の鍵になる

Qrio Lock最大のメリットだ。物理的な鍵の代わりにスマートフォンを鍵にすることができるようになる。アプリケーション上で鍵を登録しスイッチを押すと解錠or施錠をしてくれる。
鍵を一つ持たなくて済むというメリットだけだはなく、ポケットから鍵を出して「どれかな〜」と探す時間も全て省略してくれる。このストレスフリーの環境。
あなたも欲しくありませんか?

近づくだけで自動解錠

Qrio Lockの機能の一つで近づくだけで解錠してくれるというものがある。
この機能がまた素晴らしく、文字通り玄関扉に近づくだけで家の鍵を解錠してくれるのだ。
稀に施錠が遅れることはあるが素晴らしい機能であることには代わりない。

自動で施錠(オートロック)

この機能はかなり嬉しい機能ではないだろうか?
鍵を開けてくれる機能は先ほど紹介したが、自動で施錠してくる機能もついているのだ。
これは扉が閉まって3秒経つと自動で鍵を閉めてくれる機能だ。
鍵を閉める、という動作がなくなるだけで、かなりストレスフリーになる。
※間違って閉め出されないように注意しよう

鍵の共有も可能

一つのQrio Lockは鍵の共有が可能だ。
アプリケーションを使って鍵のオーナーが他の人のスマートフォンに合鍵を渡すことができる。
人数に制限がないため、何本もの鍵を配ることが可能だ。

面白い機能もありゲストキーという設定もある。
これは友人などに一時的に渡す鍵のようなものだ。
意外と必要な時ってありませんか?

上下に鍵があっても対応可能

家によっては鍵が一つではなく、上下に1つづつ付いた玄関扉もあるだろう。
実はこの製品、同時接続が可能になっており、問題なく施錠することができる。
2台分購入しなければいけない点が唯一の懸念点だ。

Apple Watchからも操作可能

最近はApple Watchを使う人も増えてきたのではないだろうか?
実はこのQrio Lock、Apple Watchから動作することもできる。
使う機会は少ないと思うがスマートフォン以外でも操作できるというのはメリットの一つではないだろうか?

取り付けは両面テープ

この製品の取り付けはかなり単純で、玄関扉の面に両面テープでくっつけるというものだ。
多くの扉に対応することができるこの発想はかなり素晴らしいものと言える。

電池持ちの良さ

CR123A電池を使用している(主にカメラなどに使う電池)。
意外と値段のする電池で交換頻度が懸念されるが、心配しないで欲しい。
この製品意外と省電力で、かなり電池持ちがいい。
私の家では2本使って稼働しているが、半年間も電池が持っていた。
4本にすれば1年持つ計算になる。

Qrio Lockの注意点

自動解錠は気分屋さん

これがわりともどかしいところなのだが、この自動解錠機能、反応が悪い時がたまにある。
ほとんどの場合は近づくだけで開けてくれるのだが、ごく稀に近づいても反応をしてくれず、5〜10秒待った後にようやく開けてくれたりする。

少し大きめの設計

サイズ感を見ていただいて気付いた方も多いと思われるが、意外と大きめの設計だ。モーターを積んでいるので致し方ないところではあるが、実際に設置する際は他の物に干渉を起こさないように設置することが必要になる。

両面テープで設置の注意点

この製品のいいところでもあると思うが両面テープの設置なので接着面はかなり綺麗な状態で貼り付けよう。
また、テープの性質上冷たい面に貼る場合、テープの粘着性能が下がる傾向にある。貼る際はドライヤーなどでテープや設置面を温めて貼り付けるようにしよう。
かなり強度が上がるはずだ。

対応する鍵の種類を確認しよう

当然全ての鍵に対応できるわけではない。
メーカーサイトのこちらから確認をしてみて欲しい

【結論】買って正解スマートロック

Qrio Lockを導入することによるメリットがあまりにも多いことにびっくりした方が多いと思う。
この製品は鍵を開けるという中断動作を省く素晴らしい製品だ。価格は20,000円と、少し値段が張ってしまうが、絶対に後悔することがない製品だ。
是非、みなさんの家庭でもQrio Lockを導入してみて欲しい。
取り付くか心配な方は、メーカーサイトからペーパークラフトで実際の大きさを確認することができる。試してみるのもいいかもしれない。

関連記事