環境(インテリア)

エルゴヒューマン チェア は快適!【半年使用レビュー】

こんにちは、いけっちです。
今日は関家具から発売されているチェア「エルゴヒューマン・ベーシック・ハイタイプ」のレビューをお届けします。

Ergohuman(エルゴヒューマン)について


Ergohuman(エルゴヒューマン)は、株式会社 関家具が販売しているチェアシリーズの一つだ。
名前の由来は、ヨーロッパでの人間工学【エルゴノミクス】と、アメリカでの人間工学【ヒューマンファクター】を掛け合わせた名前になっている。おしゃれですよね。
そんな家具専門メーカーの関家具が販売している、様々なチェアの内の1つ、「エルゴヒューマン・ベーシック・ハイタイプ」をじっくりと見ていこう。

基本スペック(抜粋)

重量 28.3kg
座面素材 メッシュ or クッション
製品仕様 4Dアームレスト
独立式ランバーサポート
ヘッドレストの高さ調整・角度調整
ハイブリッドレバー標準搭載
リクライニングのテンション調整
バックシートの高さ調整
PUキャスター採用
座面昇降・座面奥行き調整機能
リクライニング機能
価格 80,000円

サイズ

カラー展開は以下の通り

外観

正面

側面

背面

素材(メッシュ)

Ergohuman(エルゴヒューマン)のここがすごい

調整幅の広い設計

この椅子の素晴らしい点をまずあげるとすれば調整幅の広さが挙げられる。

1.基本となる座面高さ調整
2.座面の奥行き調整
3.背面のリクライニング角度調整
4.背面のリクライニングテンション調整
5.背面の高さ調整
6.ヘッドレストの高さ調整
7.アームレストの高さ・角度・奥行き調整

これだけの調整機能があれば、様々な体格の方が座っても問題なくフィットする。

基本調整は独自のハイブリッドレバー


先ほど挙げた調整の機能の表で青い文字にしている箇所はなんと一つのレーバーで操作することができるようになっている。
これはエルゴヒューマンチェアの搭載されているハイブリッドレバーのおかげだ、ハイブリッドレバーの機能は以下の通り、

1.レバーを上げて、高さ調整
2.レバーを前方に出して、座面の奥行き調整
3.レバーを後方に下げて、背面のリクライニング角度調整
4.レバーを所定の位置に戻すことで、背面の角度を固定

この便利なハイブリッドレバーは「Ergohuman(エルゴヒューマン)」の特徴と言ってもいいだろう。
とても便利な機能である。

独立式ランバーサポートの採用

「エルゴヒューマン・ベーシック」は背面のランバーサポートが独立しており、腰への負担がかなり減るように設計されている。
背面が1体型と違って、その人の体型に合わせて独立したランバーサポートが形を変えるようになっている。

メッシュ生地の、ハンモックのようなリクライニング性能

これは私が買ったメッシュ生地のタイプだが、ハンモックで寝ているような座り心地がともて心地よい。
座面は程よい沈み込みで、背面はちょうどいいテンションで背中を支えてくれている。
なによりメッシュ記事は長時間座っていてもでも蒸れない点が挙げられる。
もちろん座面がクッションのタイプもあるので、人によってはクッションタイプでもいいだろう。

座面下にシャーシがついている

この「エルゴヒューマン・ベーシック」なんと座面下にしっかりとシャーシがついているのだ。

値段については後で触れるが、安めの値段設定で座面下にシャーシがついているチェアは正直他に見当たらなかった。
シャーシがついている。いないで大きな差が生まれる。
安い椅子だと「ベース+座面」だが、
高い椅子だと「ベース+シャーシ+座面」で構成される。
シャーシ導入のメリットを下にまとめさせてもらった。

1.椅子の耐久性が大きく跳ね上がる。
2.軽い力で調整できるようになる
3.リクライニング性能が上がる
4.調整できる幅が広くなる。

どうだろうか?あなたの椅子を買う基準が少し変わったのではないだろうか?
座面とベースの間にシャーシが入るだけで、これだけの恩恵が得られるのだ。
是非、今後のチェアを選ぶ基準の一つにして欲しい。

かなり安めの値段設定

これだけの調整機能と座り心地を提供していると、値段が怖くなるだろう。
だが安心して欲しい。
なんとこれだけの機能が揃って80,000円で購入ができてしまう。
デザインが洒落た椅子や、他のメーカーだと平気で100,000円や150,000円と跳ね上がってしまうが
「エルゴヒューマン・ベーシック・ハイタイプ」なら安めの値段で購入可能だ

Ergohuman(エルゴヒューマン)の注意点

背が高すぎる人は注意

調整幅があるとはいえ、185cm超えの方には「エルゴヒューマン・ベーシック・ハイタイプ」はあまり向かない。
理由はヘッドレストの高さ調整の限界状態で座った時にヘッドレストが肩に当たってしまうからだ。
なので私としては「エルゴヒューマン・ベーシック・ロータイプ」に一度座って確認をしてみて欲しい。
ヘッドレストがないタイプなので問題なく座れるはずだ。もちろん他のメーカーの椅子に変えても問題ない。

メッシュ素材は人によってはNG

人によってはこのメッシュ生地の感触が嫌な人もいるだろう。
正直合わない人は他のクッション生地のタイプや、他のメーカーのプラスチックのタイプでもいいだろう。

【結論】買って正解!エルゴヒューマンチェア

メリットの中で伝えた通りシャーシ付きのチェアでこんなに安く手に入るチェアは私はみたことがない。
調整幅も広く座り心地が良い椅子で探しているのであれば「エルゴヒューマンチェア」を全力でお勧めできる。
カラー展開も豊富なので部屋の雰囲気似合わせることも可能だ。
是非あなたも座って確かめてみて欲しい!
もし実際に座ってみたいと思った方は是非 「関家具・東京五反田、大阪、福岡」に足を運んでみて欲しい
様々な椅子を実際に座って確かめることができる。

ちなみに私が購入したタイプは↓から購入可能だ。是非覗いてみて欲しい

関連記事