パソコン関連

電源ユニットとは?【自作PCシリーズ:電源ユニットって何?】

こんにちは、イケッチです。

このページでは、自作PCで使用される「ATX電源ユニット」の説明していきます。

自作PCで必須のパーツとなる「ATX電源ユニット」。

簡単に説明すると「パソコン全体に電力を供給するパソコンパーツ」のことだ。

人間の体に例えると「心臓」に当たる部分であり、これが無いとパソコンを起動することができない。

今日はその「ATX電源ユニット」について一般的な箇所を説明をしていきたい。

「ATX電源ユニット」とは

ATX電源ユニットって?

先ほど簡単に説明してしまったが、「パソコン全体に電力を供給するパソコンパーツ」のことを「ATX電源ユニット(PSU)」と呼んでいる。

自作PCで使用される電源は大きく分けて2つ存在する。

「ATX」
 主に、「ミドルタワー」から「フルタワー」と呼ばれる自作PCケースに対応した電源ユニット。
「SFX」
 主に、小型のPCで使用されている電源ユニット。

2種類存在しているが、「ATX」規格が自作PCで最も使用される規格だ。
なので、とりあえずは「ATX」規格だけ見ていれば問題はない。

「ATX電源ユニット」で、注視しなければいけない項目は3点ある。

①W数
②変換効率規格
③メーカー

これは後ほど詳しく説明していきますが、現状は「この3つを絶対に見る!」っと言う認識でOKだ。

ちなみに値段は、5,000円 〜 20,000円と様々だ

ATX電源ユニットの外観

全体のイメージ

プラグイン側(配線側)

吸気ファン(冷却ファン)

電源入力側

企画説明ステッカー

細かい単語説明

W数

その電源がMAXで、何W(ワット)の電力を処理できるのか?っという項目がW数だ。

最も一般的なW数で知られているのが、750Wで多くのメーカーから販売されている。

自分が使うパソコンパーツが、部品ごとに何W使用されるのかを計算しておくと、何Wの電源を買えばいいのかが見えてくる。

変換効率の影響で、良い電源でも10%は熱に変化されてしまうので、
ワット数全体の85%が実際に使うことができるW数と覚えておくと良い

変換効率規格

「コンセント」から「電源ユニット」に送られる電流100Vを、PCに直流電力に変換する際の電力効率の規格のこと。

もっと簡単に言うと、「電源ユニットを使ったとき、電力の何%が熱に変わるのか?」を示している規格。

「80PULS」と書かれた下に「GOLD」や「PLATINUM」と書いてある。
「BRONZE」が最も電力効率が悪く。
「SILVER」
「GOLD」
「PLATINUM」
「TITANIUM」っと、どんどん電源効率が良い物になる。

つまり、750Wでも、MAX750Wまで使い切ることができないということ
良い物でも10%は熱に変化されてしまうので、ワット数全体の85%が実際に使うことができるW数と覚えておくと良い

ケーブル仕様:プラグイン

電源にケーブルを抜き差しできる形式になっているものを「プラグイン形式」と呼ぶ。

安い製品だと電源ユニットにケーブルが付けられたものになってしまっていて、ケーブルマネジメントが難しくなる。

高い製品は「プラグイン形式」が採用されており、いらないケーブルは外すことができるため、ケーブルマネジメントがしやすい。

なるべく「プラグイン形式」の製品を購入しよう。

メーカーの良し悪い

ここまで理解した上で、もう一つ見てもらいたいことがある。
それが「グレード」だ。

グレードの見方

型の中にグレードが書かれているので可能な限り良い電源ユニットを購入しよう。

グレード 評価
CX
TX
SF
中華電源 あまりオススメできない
VX 普通の電源グレード
RMx
RMi
HXi
安定した高品質グレード
AX
AXi
信頼性が非常に高い電源グレード

グレードは見る必要がある

なぜ、グレードを注視する必要があるのか?

それは、「電源経由で様々なパソコンパーツが壊れやすい」からだ。

電源が不規則な電力を流したとき、その電流を受けたパーツが壊れる可能性が高い。

つまり、電源ユニットを経由しているパソコンパーツ=全てのパソコンパーツが故障する原因になる。

そのため、必ずメーカーは見て、高品質なグレードの製品を買うようにしよう。

金額を抑えすぎて、他のパーツを犠牲にしてはならない。

まとめ

ここまで説明してきたが、最後に簡単にまとめておこう。

【ATX電源ユニットとは】
・自作PCはATX規格の電源ユニットを使う
・W数は余裕を見た数値で購入する。
・電源効率規格はなるべく高いものを購入
・メーカーは可能な限り見る。

いかがだったでしょうか?

意外と電源が諸悪の根元になりやすい。
必ず高品質なものを選ぶことをオススメする。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です