NEWS

Elgato 音響処理フォーム「WAVE PANELS」を発表

2021/4/26

「音響処理フォーム」

CORSAIR(コルセア)の一部門であるElgatoは2021年3月4日に、ホームスタジオ向けの製品
「Elgato WAVE PANELS」「Elgato Light Strip」を発表した。

「Elgato WAVE PANELS」は音響処理フォーム

「Elgato Light Strip」はElgato製品と連携が取れるLEDテープ、っとなっている。

今回は音響処理フォームの「Elgato WAVE PANELS」がどのような製品なのか確認をしていこう。

「Elgato WAVE PANELS」とは?


“ゲーム配信者向け”に特化したデバイスを開発するブランド「Elgato」が開発・販売をしているが音響処理フォームが「Elgato WAVE PANELS」だ。


youtubeやゲーム配信者などがよく部屋の壁に貼り付けて使用している吸音材と立ち位置は同じで、部屋に反響する音を低減することが可能になる。

スペック

メーカー Elgato
製品名 Elgato WAVE PANELS
サイズ (各パネル) 491 x 426 x 47 mm
重量(各パネル/各フレーム) 250 g / 50 g
パネル素材 ・PU (ポリウレタン)
・PES (ポリエステル、クロスラップ製法)
フレーム素材 複合プラスチック
同梱物 【Starter Set】
・Wave Panels (3 x デザイン A, 3 x デザイン B) x 6
・EasyClickフレーム, 10 x EasyClickコネクタ x 6
・ネジ/アンカー/接着テープ x 12

「Elgato WAVE PANELS」の良い点

デザイン性が高い


ハニカム構造を模したような形状を採用した吸音処理フォームで、表面のデザインも非常にデザイン性が高い。

これだけでも部屋のインテリアに十分馴染みやすいが、カラーもブラックとブルーの2種類が用意されている。

吸音性の高さがうかがえる


「Elgato WAVE PANELS」は2層フォーム構造を採用する六角形型ウェーブパネルとなっている。

【1層目】に中・低音域を低減する高密度ファイバーフォーム
【2層目】に高音域を低減する低密度の波型フォーム

が採用されている。

取り付けが簡単


吸音フォームを取り付けるために専用のフレームが用意されている。

そのフレームは2種類の方法あり、
①付属のビスを使ってフレームを取り付ける方法
②付属の両面テープを使ってフレームを取り付ける方法

メーカーが両面テープでも問題ないことを証明しているのは心強い。

非常に有力な音響処理フォーム


デザイン良し、吸音性能良し、取り付け簡単と、
今後は吸音処理フォームのベーシックになってくるだろう。

製品ページはこちら

関連記事