パソコン関連

G903H ハイスペックゲーミングワイヤレスマウスのレビュー

こんにちは、イケッチです。
今日は発売されて結構経ちますがLogiCool製品「G903H」のレビューをお届けします。

G903Hについて

基本スペック(抜粋)

G903Hの製品スペック表から必要なポイントを抜き出してきました。

サイズ(W x H x D) 67 x 40 x 130mm
重量 110g(マウスのみ)
120g(ウェイト10g+マウス)
センサー/解像度 HERO16K / 100~16,000dpi
最大加速/最大速度 >40G / >400IPS
レポートレート(USB / ワイヤレス) 1000Hz(1ms) / 1000Hz(1ms)
電池寿命(ライティング / ライティングなし) 最長140時間 / 最長180時間
特徴 高速スクロールボタン
POWERPLAY対応
LIGHTSYNC RGBライト
左右対称形のデザイン
取り外し可能なサイドボタン
7〜10個のプログラマブルボタン
メカニカルボタンテンションニングシステム

外観

上側

右側

左側

付属品

付属品 製品本体
LIGHTSPEED™ USBレシーバー
USB充電/データケーブル
アクセサリーケース
レシーバー延長アダプター
10グラムのウェイト(オプション)
サイドボタン(左 x2、右 x2)
ボタンカバー(左x1、右x1)
取扱説明書、保証書、保証規定

G903Hのここがすごい

カスタマイズ可能な物理ボタン

左側面2ヶ 右側面2ヶ 上側7個 のカスタマイズ可能なボタンが用意されている。
これらのカスタマイズは専用のソフトウェア「Logicool G HUB」を使うことで設定可能です。

オリジナルのマクロを組むことができるのでゲーム以外にも、CADなどのクリエイティブソフトとの相性も抜群です。
起動するソフトウェアを認識してマウスの設定が自動で切り替わるのもとても使いやすいです。

ボタンは自分の好きなスタイルで設定できます。下の画像は付属のボタンです。(もし側面のボタンを使用したくない時は一体形のボタンと取り換えることでボタンの誤ったクリックを防止できます。)

左右対称形のデザイン

外観写真を見ていただいた通りこのマウスは左右対称形で両方の手に対応している数少ないマウスです。
僕もマウスは左手をメインに使っているのでかなり助かってます。
多くのマウスは基本的に右手用に設計されているためかなり珍しいです。

ネットサーフィンに便利な高速スクロール

ホイール下のボタンを押すことでスクロールの速度を2種使い分けることができます。
1つは高速スクロール
2つはカチッカチッといったデフォルトなスクロール
2通りのスクロールを選択できるのはかなり嬉しい仕様です。

超高精度「HERO16K」センサー

この「HERO16K」センサーが本当にすごいです。
E-sportsでも採用されるほどの精度で動かすことができ 遅延も0と無敵すぎる性能を誇っています。
ちなみにDPIは専用ソフトを使って自分が設定した5個のDPIをシームレスに設定することができるのでFPSではかなり活躍しますよ。

バッテリー時間の延長

G903(初代G903)からHERO16Kセンサー(32ビットARM)に変更されたことで電力効率は前世代のセンサーの10倍で180時間(ライティングなし)稼働するようになった。

G903Hの注意点

意外と大きいサイズ感

サイズ(W x H x D)67 x 40 x 130mmと意外と大きめのマウス設計です。女性の手には少し大きすぎると感じかな〜。
G903を買う際は実機に触って手にフィットするか確認をしましょう。

少し高めの値段設定

ハイグレード使用なのでしょうがないですが平均16,000円は結構なお値段
お財布と念密な相談が必要です。

メカニカルボタンテンションニングシステムの採用

これは人によると思いますがメカニカルボタンを採用しています。
人によってはクリック感や音が合わないかもしれません。
しかし 耐久性は間違いなく高いですよ!(ボタン寿命:5000万回クリックほど)

G903H追記メモ

無線充電パッドで電池切れ知らず!

POWERPLAYに対応しているため別売りのゲーミングマウスパット「G-PMP-001」と組み合わせると無線充電しながらマウスを使うことができます。
ただ「G-PMP-001」は18,000円と結構割高です。これもお財布と相談ですね

付属の有線ケーブルをつなげば有線マウスになる

付属している有線ケーブルを使えば充電をすることができます。割と速い充電速度なので約1時間もすればフル充電できます。
さらに充電してる間も有線マウスとして機能するので充電切れを起こしても安心です。

マウス重量の変更

付属のウェイト(10g)をマウスの裏側にセットするとマウス重量を変えることができます。ここはお好みですね!

【結論】買って正解!ハイスペックゲーミングマウス!

注意点は上げていますが一度店頭で触って見てフィットする人は結構多いと思います。
マウスは3日もすればかなり慣れてくるので問題ないかなーと個人的には思っています。
左右対称かつボタン多めの無線マウスをお探しでしたら是非!G903Hを試してみてください!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です